最高の避妊率

トリキュラーは女性が服用することによって高い避妊効果を発揮する「低用量ピル」というものです。日本でピルといえばアフターピルですが、アフターピルは副作用が強く、あくまで緊急時のものです。
それに対して低用量ピルは毎日服用することによって高い避妊効果を発揮してくれます。毎日少しずつ体の調子を変えていきますので、アフターピルに比べて副作用は非常に少ないといえます。
低用量ピルをしっかり飲んでいれば、コンドームなしでの性行為でも妊娠することはまずありません。その避妊率は99.9%ともいわれていますので、コンドームよりもはるかに避妊率が高いです。
なにより、コンドームのように男性都合で避妊ができなくなることもないので、確実に避妊を行うことができるでしょう。

トリキュラーは女性ホルモンが主成分になっており、服用することによって体を疑似的な妊娠状態にします。具体的には、トリキュラーに含まれるホルモンは妊娠時の女性が作り出すものなので、トリキュラーによって妊娠ホルモンが体内に入ると、脳が「この体は妊娠状態になった」と勘違いします。脳が妊娠したと思い込むと、卵巣を休眠させますので、妊娠の確率は限りなく0に近づきます。
「妊娠を防ぐ」というよりは、「妊娠できない体にする」というイメージなので、従来の避妊方法よりも確実性の高い避妊手段だといえるのです。
ちなみに、トリキュラーの服用を止めると、体の中から妊娠ホルモンが消えますので、脳は「妊娠状態が終わった」と判断し、卵巣の活動を再開させます。すなわち、一人目を生んだお母さんが二人目を身ごもるかのように、いつでも妊娠をすることができるようになるのです。