女性が気になる副作用

トリキュラーを服用する際に気になるのは副作用ですよね。トリキュラーは低用量ピルの中でも比較的副作用の少ないものになりますが、体質によっては女性が気になる副作用が生じることがあります。
まずはトリキュラーから使ってみて、副作用が多い用なら他の低用量ピルを試してみるのが良いかもしれませんね。

トリキュラーの主な副作用は、頭痛、吐き気、倦怠感などがありますが、これらはいわゆる「つわり」の症状です。
トリキュラーは体を疑似妊娠状態にしますので、一時的につわりの症状が生じます。もちろん本当に妊娠しているわけではないので、このつわりの症状はすぐに収まります。このつわりはホルモンバランスが変化したことに伴うものなので、早くて2~3日、長くても二週間くらいあれば気にならなくなるでしょう。
他にも、女性ホルモンのバランスが乱れたことによって生じる副作用はいくつかありませんが、特に気になるのはむくみや体重増加、ニキビなどでしょう。これらの症状もトリキュラー服用時にはよくあるもので、ホルモンバランスが整い次第すぐに正常に戻ります。少しの間の我慢といえますが、症状が長引いてしまう場合は病院に行くことも考えましょう。

低用量ピルはトリキュラー以外にもたくさんありますので、体質によって副作用が出やすいものが異なる可能性があります。
どうしても副作用が気になる方は、低用量ピルの中でもさらに低用量なものを選ぶなどしてみましょう。自分に合うものを見つけることができれば、長期にわたって服用し続けることもできますので、今後避妊に悩むことはありません。